離婚法務相談所アオキ

離婚の慰謝料

離婚相談のご予約は大阪06-6678-6595

離婚の原因を作った相手の過ちに応じて、慰謝料請求ができます。

離婚の慰謝料請求について

慰謝料は、離婚の原因をつくった者から、その夫や妻が受けた精神的苦痛を癒すために請求する損害賠償です。

これは財産分与の中に含めて請求してもかまいませんし、財産分与が無ければ別途請求してもかまいません。

但し、請求するだけの理由は必要です。離婚に際して必ず発生するものでもありません。

例えば、性格の不一致が離婚原因で相手に非があるとは言えないような場合や、すでに夫婦関係が破綻していて長年の別居期間中に異性と関係をもったような場合は、離婚に至る有責行為、つまり慰謝料を請求するだけの理由があるとは言えません。

一方、請求理由がある場合として多いのが不貞行為(浮気)ですが、もしそういった行為が事実としてあったならば、夫婦の貞操義務違反から受けたその苦痛は慰謝料請求の対象となります。

ちなみに、浮気は共同不法行為と言えるので、特別な事情がない限り、不貞行為の相手方(浮気相手)も責めを負うだけの理由となります。

慰謝料の算定

慰謝料の額に決まりはなく、一方の請求した金額に、もう一方が応じればそれが慰謝料額になりますが、請求するにせよ、応じるにせよ、それが適当だと思える金額は、双方の希望金額、判例(司法判断など)、一般的に示談されている額、相手の支払い能力や社会的地位、婚姻期間、精神的苦痛の程度などを総合的に考慮して決めます。

慰謝料請求できる期間の制限

離婚における慰謝料請求権は、離婚成立の時から3年で時効により消滅するので注意が必要です。