離婚法務相談所アオキ

親権と監護権

離婚相談のご予約は大阪06-6678-6595

親権は一つの権利や義務です。それがあってもなかっても親子であることに違いはありません。

親権と監護権について

親権とは、親が未成年の子の衣食住を世話したり、教育を受けさせたり、しつけを行うことのできる身上監護の権利(監護権)や義務の総称です。

また、未成年の子の財産管理をしたり、子の財産について法律行為を代理したりすることも含まれます。

特別な事情がない限り、お子さんへの影響を考慮する必要から親権者が監護権をも持つことが通常ですが、子供の福祉にとって、親権を持たない方の親が、子供を養育する方が適当である場合、親権と監護権を分離することも可能です。

親権と親子関係について

親権は権利や義務にすぎず、離婚して親権者で無くなったとしても親子という身分関係が無くなるわけではありません。

よって、親権が無くても、同じ戸籍に入っていなくても、一緒に暮らしていなくても、法律上、親子はいつまでも親子です。

親権者の決め方について

お子さんの年齢、育児や教育上の問題、離婚後の生活環境、経済的状況などをよく勘案し、まずは夫婦間で話し合って決めます。

また、お子さんがある程度判断能力のある年齢に達しているならば、お子さんの意思を尊重することも大事です。

もし、親権をどちらかの親に決められなかった場合、次は家庭裁判所の調停や審判へと進みますが、それでも決まらなければ、最後は裁判の判決で決めることになります。

なお、判断基準として、子供の年齢、養育環境、親の監護能力が斟酌されるわけですが、双方とも取り立てて問題がなければ、裁判所は子の育成における母性を重要視する傾向にあるといえるかもしれません。

但し、10歳ぐらいのお子さんであれば、お子さんの意思の確認も重要視されますし、15歳以上ならばお子さん自身が選択することもあります。