離婚法務相談所アオキ

再婚

離婚相談のご予約は大阪06-6678-6595

離婚後の再婚や離婚後すぐの出産には、法律で規定されていることがあります。

離婚後の再婚について

再婚は原則自由です。但し、法律により制限されていることがあります。

次の待婚期間は、生まれてくる子の父親が前夫なのか、再婚した夫なのか、分からなくなることの防止とされるもので、女性は離婚後6ヶ月を経過しないと別の男性と再婚できません。

【 民法733条 】 再婚禁止期間
女は、前婚の解消または取消しの日から6箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。
2、女が前婚の解消または取消しの前から懐胎していた場合には、その出産の日から、前項の規定を適用しない。

※ 平成27年12月16日の最高裁判決で、民法のこの規定は違憲という判断がなされました。今後改正があると思われます。(平成27年12月)

離婚後の妊娠について

生まれてくる子の父の推定について、離婚が未だ成立していない時はもちろん、離婚後すぐの懐胎にも不都合があります。いわゆる300日問題です。

現況では離婚後300日以内に出産すれば、前夫との子供として扱われてしまい、この推定を覆すためには裁判上の手続きが必要です。

【 民法772条 】 嫡出の推定
妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2、婚姻成立の日から200日を経過した後または婚姻解消もしくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

直系姻族間の婚姻の禁止

ちなみに、離婚した女性が元夫の父や、元夫と先妻との間にできた子と、再婚することはできません。【 民法735条 】

お子さんがおられる方の再婚

婚姻届を出して自分が再婚相手の戸籍に入る時、もともと自分の戸籍に入っていたお子さんも自動的に相手方の戸籍に入るというわけではありません。
同じ戸籍に入るには以下のような手続きが必要です。

養子縁組届を出して子供を再婚相手の「養子」として同じ戸籍に入る。
(※ これにより再婚相手と子供には法律上の親子関係が生じます)

あるいは、家庭裁判所の「子の氏の変更許可」を得たあと、入籍届(母の氏を称する入籍届)を提出して「妻の子」として同じ戸籍に入る。