離婚法務相談所アオキ

離婚と戸籍

離婚相談のご予約は大阪06-6678-6595

離婚して自分の名字をどうするか、子供の名字をどうするか、これは戸籍のお話です。

離婚と戸籍について

戸籍は日本国籍を有する者の身分関係(夫婦・親子関係など)を証明する公文書です。

夫婦とその未婚の子供を単位として編製され、出生、婚姻、離婚、養子縁組、養子離縁、死亡などの身分上の変遷を記録したものです。

なお、戸籍には本籍地が記載されていますが、これは住所ではありません(同じの場合もありますが)。

離婚したあとの戸籍と氏(名字)

現行の戸籍制度では、結婚(婚姻届を提出)すると、どちらか一方を筆頭者とする新戸籍が編製され、もう一方の者はその筆頭者の戸籍に入り、筆頭者(戸籍の先頭に記載される人)の氏を名のることになります。

そして、離婚すると相手方との身分関係はなくなりますので、その筆頭者の戸籍から抜かれて別の戸籍が必要になります。

婚姻によって「氏」を改めた夫または妻は、結婚前の戸籍に復籍するか、新しい戸籍を編製するかを選択しなければなりません。

しかし、次の場合は復籍を選択できず、新戸籍を編製することになります。

【 結婚前の戸籍に誰も残っておらず除籍になっている場合 】
【 離婚後も結婚時の氏(名字)を名のる場合 】
【 結婚時の戸籍から抜ける人が、子供を自分の戸籍に入れたい場合 】

なお、離婚後も結婚時の名字を名のる場合は、離婚の日の翌日から3ヶ月以内に、届出人の住所地または本籍地の市区町村役場へ「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出しなければなりません。

離婚後に子供を自分の戸籍に入れる場合

離婚届を出して戸籍から抜けるのは、夫婦の一方だけです(筆頭者でない方の人だけ)。

親権者の指定に関係なく、子供の戸籍や氏は変わりません。もとの戸籍に残ったままです。

そこで子供の氏を自分と同じにし自分の戸籍に入れたい場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」をします。

申し立てが認められれば、子の氏の変更許可の審判書の謄本がもらえますので、それを添付して子の本籍地または住所地の市区町村役場へ「入籍届」を提出します。これで子供がその戸籍に入ります。