離婚法務相談所アオキ

審判離婚

離婚相談のご予約は大阪06-6678-6595

調停が整わない時、審判が言い渡される場合もあります。

審判離婚とは

離婚調停が不成立に終わっても調停委員会が離婚を相当と認める場合、家庭裁判所は職権で離婚を言い渡すことができます。

これを「調停に代わる審判(24条審判)」と言います。【家事審判法第24条】

離婚すること自体は合意に至ったが、慰謝料額など各種諸条件について少しの意見の相違がある場合や、様々な事情を考慮した結果、離婚の早期成立が当事者とって良いと判断された場合に家庭裁判所が行います。

審判に対して、2週間以内に異議の申し立てが無ければ審判離婚が成立します。

一方、異議の申し立てがあれば、審判は不成立で効力を失い、あとは離婚訴訟の提起ということになります。

24条審判の一例

離婚は合意に至ったが、申立人が病気入院し将来的にも出頭が不可能であるため、離婚の成立、親権者指定、養育費支払いなどを命じたもの。

申立人に暴力を振るうなどの非行があり6年以上別居状態が続いている夫との離婚について、調停の出頭にも正当な事由もなく応じなかったが、家庭裁判所の書記官に対して協議離婚に応じても良いという意思表示をした場合に命じられたもの。

審判離婚の手続き

調停離婚の場合と同じく、審判は確定判決と同様の効力を持ちますので、お役所の方に、10日以内に審判書の謄本と確定証明書を持参して離婚届を提出します。